忍者ブログ
 ロック史を体系的議論から解き放ちながら、サイケデリアの土着性とハードロックの非継承性を論ずる。主要1000タイトル、20年計画、週1回更新のプログ形式。
[538][537][536][535][534][533][532][531][530][529]

腰の据わらぬリベラル勢力の末路…

お馴染みになったJアラートの事を、空襲警報だと早合点する日本人が多発するのは取りも直さず日本人の遺伝子に刷り込まれた過去の大戦の記憶を、あのサイレンが喚起するためなのだろうが…其れは兎も角…あのサイレンの音色はよい…異質な周波数が多重に織り込まれた異様なるあの音質は…空襲警報と云うよりも、使徒襲来を強く喚起させており…其の意味は此処では問わないにしても…政府機関にしてはなかなかに卓抜なるセンスであると称賛したい…もう既に此の国では、選挙というのは既成政権が、政権にとって都合の悪い状況を隠蔽、誤魔化すための馬鹿騒ぎ的御破算の意味しかないようで、早速政権安部は来月早々、臨時国会冒頭での解散→衆院選挙と決め込んだようで…へうげもので秀吉が悪びれもせず独白したように…人間とは動機に私利私欲が無ければ納得せぬものであって…高尚なる政治理念など、大衆は疑いこそすれ、信じる事は出来ないのだと…腹の底まで見透かされても動機が私利私欲である事が誰の目にでも明らかである故に、大衆の支持を得やすいとの自民の判断なのだろう…北朝鮮からのミサイルを、政権安部にとっては好都合な「援軍」に仕立てて、とやかく言われたくない森友、加計問題を蒸し返す口を塞ぐための、国会冒頭での解散…民主党(もう、いちいち、維新残党との合体工作で配慮した結果の党名である民進党と表記して正確を期すのもどうでもよいので、今後は民進党の事を民主党と表記する)の離党ドミノ、新たな政治勢力である小池新党の結集が間に合わない時期を睨んでの此のタイミング、そしてとりわけ北朝鮮ミサイルを援軍にして、憲法改悪による翼賛体制樹立に、再度の国民からの御墨付きと云うか、押し売り詐欺師が、政治的には痴呆老人に等しい大衆一般から済し崩し的にハンコもらいたいとばかりの、そういう意味での衆院解散選挙なのは…もう誰の目にも明らかで、自民党の私利私欲を動機として…だからこそ、腹の底まで読まれても皆自民党についていくのだろうか…民主党の離党者が続出するのを…元元いた民主党右派を此の際一掃してリベラル勢力を純化させた方が、自民党への対抗軸を打ち立てやすいから好機だと見なすのも一つの考えであろうが…民主党への支持率低下に浮き足立って、泥船との心中は御免蒙るとばかりに逃げ足早く脱党して保身をはかる軽薄な姿が、思想的理由で民主党に居たのではないのが国民に見透かされて、ますます支持を失うと云う悪循環で、腹の据わらぬリベラルの末路ほど救い難いものはなく…思想的にリベラルとしての腹が据わっておれば、たとえ不遇であっても尻軽に離党する事はないし、離党するにしても、民主党枝野が喝破したように、「自民党の補完勢力」に過ぎない小池新党になびくような、人気がありそうな処に保身に出向く貧相なフットワークを晒す事もあるまい…そうした体たらくの専売特許は自民党であって、そのくせ自民党には頭下げられないが民主党では不安が一杯な、中途半端な連中が、「中道」を目指すと云ったって、小池は、せいぜい、政治を世襲しない自民党、あるいはやり方がスマートなだけで其の政治的結果は自民党と大差ないスマート翼賛ファシズムのは明白なのだから、腹の据わらぬリベラル勢力は嘲笑の的になるだけである…だいたい、選挙に通るためだけに政党に所属すると云う、選挙を家業にするのは自民党の専売特許であって、選挙に通って多数派の中で利益を得たいとする考えは自民党員にだけ許され、あるいはそのように国民に見透かされても尚其のある意味分かり易い、通俗的なる私利私欲が大衆に受容されるから其れを公表してなお支持が許されるのは自民党だけであって、野党がそうであれば其れは自民党と同じなのだから支持率低下は当然の帰結なのだろうが…其れは兎も角として…民主党の党勢が弱る一方なのは、此の国に根強い全体主義的傾向だけのせいにはできまい…民主党自身の至らなさが目に余ったためであって…野党が主権者国民に広くアピール出来るのは国会での質問の質なのだろうが…問題の本質を衝かない質の悪さで、主権者の意見を代弁する代議士としての役割を果たせていないのを国民に公表するに至った…と、これから、国会での民主党員の質問内容の愚劣を論証しようと思ったが…書くのも馬鹿らしくなって来て…惜しむらくは…民主党の議員山尾…山尾氏は、国会の中で、自民党の憲法草案21条で自民党が表現の自由を否定している事をきちんと論理的に批判していたのを小生は唯一国会中継で確認したから、心強く思っていた処で、愛に走って、離党と云う不始末…だいたい、元自民党議員武藤が国民に国家への命がけの奉仕を正当化したり自民党幹事長二階や其の外が言論弾圧を公言したりしてもたいした御咎めを受けないくせに(武藤は金銭問題で離党したのであって、国民主権を否定し国民への敵性を表明した政治的理由ではない)、不倫とあらば時として議員辞職まで追い込まれると云う風習はとち狂っているではないか…国会議員において、国民主権を否定し国家主権を標榜する、国民への敵性の発露よりも、不倫などと云う、刑法犯罪でも何でもない、個人間で解決すべき情事の方が相対的に悪だと見なされる奇怪な風習に心底うんざりする…此の事も、此の国の大衆の本質が顕在化している証なのだろうし、少し考えれば詳細な論理や心理を詳らかにも出来ようが…もう此れも馬鹿馬鹿しくでげんなりして来る…民主党の質問が如何に愚劣であるかについては、後日に期する…

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

忍者ツールズプロフィールは終了しました

HN:
仄々斎不吉
性別:
非公開
自己紹介:
 数寄の天下を獲らんがため号するは、仄々斎不吉。

 三千家(裏千家・表千家・武者小路千家)及び諸家茶道流派に例外無き教条点前に豪を煮やす一方、近代数寄者(益田鈍翁、高橋掃庵等)以上に見立ての幅が広がった現代茶会に更なる侘びの新風を吹き込むべく研鑽を積む。

 利休の、無産有産といった階級をも併せ飲む侘びの骨頂に根ざしながら、そうはいってもありがちなブルジョア金満足だけは厳に慎みたい労農茶人。

 草木に臥してなお風雅を愛でる仲間であるために、茶の湯だけでなく、路上観察、テレビ跋渉、音楽及び納豆評論、 30人31脚批判もこなす趣味人にして愛陶家。 猫舌。


★コメントの投稿の仕方★

 ブログ本文の右下の「コメント」をクリックするとコメント入力画面になります。コメント欄に文章を打ち込んで送信ボタンをクリックしてください。

 お名前やメールアドレスなどの入力は必須ではありませんのでお気軽にどうぞ。  → → → 

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ロック史最新記事

(10/15)

ブログ内検索

最新コメント

[07/04 Michaelbes]
[06/25 RichardCal]
[11/24 シーザー]

最新トラックバック

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 仄々斎不吉 --  All Rights Reserved

Design by 好評ゼロ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]