忍者ブログ
 ロック史を体系的議論から解き放ちながら、サイケデリアの土着性とハードロックの非継承性を論ずる。主要1000タイトル、20年計画、週1回更新のプログ形式。
[538][537][536][535][534][533][532][531][530][529][528]

晩夏の茶番…

やたらとウチのベランダを死に場所に選びたがるつくつく法師…間近で鳴かれると其の音量たるや…漫然とした気持ちの歯切れの悪さは…奮起せぬ心境に甘んじて…誰もが分かっている事だから殊更にあげつらうのも野暮なので口を噤んて来ていたとは云え…北朝鮮絡みの事…石油や天然ガスを実際に止められたら北朝鮮と云えども捨て鉢になって何しでかすか分からないが(石油禁輸はある意味先制攻撃と同じ意味を持つのは、太平洋戦争の先例が示す通り)…現状の、少しずつ物資や油を中露が供給し続けている状況では…北朝鮮が先制核攻撃あるいは先制ミサイル攻撃を仕掛けてくる事は有りえない…そんな事をすれば日米に攻撃の大義名分を与える事になるからだが…結局…現状通りの、「北朝鮮の脅威」と云う物語が持続し続ける限り…日本がオスプレイやイージスアショアをアメリカから買ってくれたり共同軍事演習の弾薬代などでアメリカの軍産複合体は大儲けだし(「楽して儲ける、スタイル!」植木等)、日本にしても内政のいざこざ、安部政権が野党や国内のリベラル勢力からあまりつつかれたくない森友や加計問題などが北朝鮮の核と云う其れなりに物質的な脅威を前にしては軽視されざるを得ないし、尚且つ此の脅威を言い分にして国内での統制を強化し、自民党の悲願である、人権否定の大政翼賛憲法へと改悪させる理由にもなるから政権安部にとっては北朝鮮の脅威が驚異のままに持続する限りは日本にとっては其れなりに利用価値のある事象なのである…北朝鮮の脅威が驚異のままに留まる限りは日米の利益になる事を見透かしたきれいなジャイアンはだからこそ定期的に、ほんとは嬉しいんでしょう?とばかりにミサイルをぶっ放し…きれいなジャイアンは数週間前のミサイルの事をアメリカへのプレゼントだと悪びれもせず声明していたが、単なる皮肉ではない、そうした事を見透かした上での重層的な皮肉なのだろう…ミサイル発射の度に日本では大々的に報道されなければならないから外患に乗じて内憂が隠蔽される茶番を何度も見せられる馬鹿馬鹿しさ…しかしそうした状況に加えて、尚且つ現時点で中露の後ろ盾もあるしソウルを火の海にも出来ないからおいそれと日米が先制攻撃出来ない状況に付け込んで着実に北朝鮮は核搭載のICBMの開発を進める事が出来ると云う算段…北朝鮮の脅威と云う物語が、日米と北朝鮮のそれぞれの利益になっているから、各国の内憂を誤魔化すように声高に其の脅威の現実性を叫びながらも其の脅威をお互いで支え合っているから茶番だと云っているのだがやはり、そうはいっても、茶番を通じてきれいなジャイアンが核を実戦配備達成ともなれば…笑うに笑えない喜劇ではあろう…打つ手無し…現状では…石油禁輸をちらつかせるくらいしかないのか…核と云う現象について深めたい事はあるが…今日も漫然とした心境が絶ち切れず…

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

忍者ツールズプロフィールは終了しました

HN:
仄々斎不吉
性別:
非公開
自己紹介:
 数寄の天下を獲らんがため号するは、仄々斎不吉。

 三千家(裏千家・表千家・武者小路千家)及び諸家茶道流派に例外無き教条点前に豪を煮やす一方、近代数寄者(益田鈍翁、高橋掃庵等)以上に見立ての幅が広がった現代茶会に更なる侘びの新風を吹き込むべく研鑽を積む。

 利休の、無産有産といった階級をも併せ飲む侘びの骨頂に根ざしながら、そうはいってもありがちなブルジョア金満足だけは厳に慎みたい労農茶人。

 草木に臥してなお風雅を愛でる仲間であるために、茶の湯だけでなく、路上観察、テレビ跋渉、音楽及び納豆評論、 30人31脚批判もこなす趣味人にして愛陶家。 猫舌。


★コメントの投稿の仕方★

 ブログ本文の右下の「コメント」をクリックするとコメント入力画面になります。コメント欄に文章を打ち込んで送信ボタンをクリックしてください。

 お名前やメールアドレスなどの入力は必須ではありませんのでお気軽にどうぞ。  → → → 

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロック史最新記事

(11/19)

ブログ内検索

最新コメント

[07/04 Michaelbes]
[06/25 RichardCal]
[11/24 シーザー]

最新トラックバック

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 仄々斎不吉 --  All Rights Reserved

Design by 好評ゼロ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]