忍者ブログ
 ロック史を体系的議論から解き放ちながら、サイケデリアの土着性とハードロックの非継承性を論ずる。主要1000タイトル、20年計画、週1回更新のプログ形式。
[557][556][555][554][553][552][551][550][549][548]

献杯…

へうげもの最終巻25服読了…感慨無量…今はとても、多くを語る気になれず…家康との末期の直接バトルの末に織部がうっかりルサンチマンに襲われて潔い死に様に納まりかけた処で、思い出の利休の無言の忿怒の鉄拳が虚実諸共貫通するようにして土壇場の織部の顔面をぶち殴り、またしても織部の為すべき生き様=死に様を示唆する山田先生の誠に滂沱の涙を禁じ得ず泣き笑いの笑い泣き…乙にへうげた往生際の悪さの、何とカッコよい事か…文字通り、人間の必然としての必死から意図せずまろび出るおかしみの一笑こそが一生そのものであると…其の痛烈なる毒素のおかしみ…其れに比べて、体制に隷従する潔い死に様の、何と貧相で惨めったらしい事か…作中の端々に仕掛けられた先生の創意と思想を細部に渡って連載十数年の間に己の細胞の隅々まで行き渡らせたが故に、一筋縄ではいかぬ苦々しい現実が己の中で主体化されて尚、爽快極まる後味の、ひとまずの此の結末には無茶苦茶励まされて嬉し涙が止まらぬにしても…安易に其れに浸らせはせず、次を見据えるしたたかな眼光の鋭ささえも、此の結末は小生に与えてくれる…もう新しいへうげものの話が読めないのか、と思うと無性の寂しさもひとしおなれど…萩焼櫛目紋片口鉢に植えた、恐らく蘇鉄や棕櫚と並んで織部好みであろう、南国のガジュマルを添えて、小生が最も寵愛している、黒備前宇曽利山縁堕天使目跡盃にて献杯…「ひょうげものめ……」

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

忍者ツールズプロフィールは終了しました

HN:
仄々斎不吉
性別:
非公開
自己紹介:
 数寄の天下を獲らんがため号するは、仄々斎不吉。

 三千家(裏千家・表千家・武者小路千家)及び諸家茶道流派に例外無き教条点前に豪を煮やす一方、近代数寄者(益田鈍翁、高橋掃庵等)以上に見立ての幅が広がった現代茶会に更なる侘びの新風を吹き込むべく研鑽を積む。

 利休の、無産有産といった階級をも併せ飲む侘びの骨頂に根ざしながら、そうはいってもありがちなブルジョア金満足だけは厳に慎みたい労農茶人。

 草木に臥してなお風雅を愛でる仲間であるために、茶の湯だけでなく、路上観察、テレビ跋渉、音楽及び納豆評論、 30人31脚批判もこなす趣味人にして愛陶家。 猫舌。


★コメントの投稿の仕方★

 ブログ本文の右下の「コメント」をクリックするとコメント入力画面になります。コメント欄に文章を打ち込んで送信ボタンをクリックしてください。

 お名前やメールアドレスなどの入力は必須ではありませんのでお気軽にどうぞ。  → → → 

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23
25 26 27 28

ロック史最新記事

(02/24)

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 シーザー]

最新トラックバック

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 仄々斎不吉 --  All Rights Reserved

Design by 好評ゼロ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]