忍者ブログ
 ロック史を体系的議論から解き放ちながら、サイケデリアの土着性とハードロックの非継承性を論ずる。主要1000タイトル、20年計画、週1回更新のプログ形式。
[506][505][504][503][502][501][500][499][498][497][496]

まだ空しく…

近所の庭で白梅が早綻び始め…家の中より外の方が幾分生温かい節分間近…思い切って新規導入した裁断機の活躍により惨めながらも私家版の句集を拵え…題字の墨書きも週末ごとの修練の結果なのか首尾よく…自ずと句境が高まり…

天かすを絶やさぬ日々もいとしくて
ほうじ茶や冷めゆきて立つ湯毛の芯

とすかさず吟じる心境の停滞にあっても…ソフトバンクの宣伝が目に掠めると…怒りと憎悪の切っ先が自分の腸を切り裂いて出て来るような、ちょうど切腹しながら相手に毒付いているような救い難い末路で頭が煮えくり返り…今時の高校生が…自分らがスマホを開発、製造した訳でもなく其の自然的工学的経済的原理も知らぬし知っていたとしても何処にでも流通する上っ面の知識だけで真に人間を構築する内実ある経験など皆無であるばかりか親の金で使わせてもらいつつデジタルとかグローバルとか道具を使いこなしていると思い込みながら道具と社会と会社に使われているくせにそうした奴隷的状況には無自覚にさらしつつさも誇らしげに生まれながらのスマホ世代スーパースチューデントを謳歌しているのを何度も見せられるとどのツラさげて誇らしげなのか全く理解に窮するばかりか胸糞悪く憎怒(憎悪と忿怒の、小生の造語)が胸骨を突き上げてくる…此の、生まれながらにデジタルとかグローバルとかを使いこなしながら使われているスーパーステューデントらが其の救い難い無知をいい事に天皇制への疑義でも唱えでもすれば勿怪の幸いで利用価値も生じるものをどうせそんな事はありもせずそこんところはスマートにスル―するのを予め見越すと殊更むしゃくしゃしてくる…行き帰りで、無邪気な感じの幼稚園や保育所の幼児に遭遇してもこの内の七割が自民党支持になると思うと夢も希望も絶無である…真夜中でさえも時折痴漢冤罪系の事案を突発的に思い起こしては司法への憎怒が胸骨を貫通する…其れに加えて、此れも何度も書いて来たが其れでもテレビなどでその都度遭遇する度に憎怒がどす黒くこみ上げてくるのは…また自民総裁がぬけぬけと偽善者面で憲法とは国の未来を語るものだと極めて有害なる妄言を吐く事に対してであり…当たり前の話だが憲法とは国家権力を基本的人権などの超越的原則(=人間の意志にして自らを人間たらしめる理念)に基づいて制限する最高法規であって、国の未来を語るものではない…仮に憲法で以て国の未来を規定すれば其れはすかさず其の規定以外の国の未来に関する思想を国家権力で否定する事になるのだから、即ち国民の思想、信条の自由を侵害するものに他ならないのであって…そもそも国の未来の姿云々は国民一人一人が考える事であって国家が国家権力で強制するものではない…其れをすれば繰り返しになるが思想・信条の自由の侵害である…総理安部が云う国の未来と云うのがそもそも基本的人権を蹂躙する内容なのは憲法草案からして明らかだから一貫しているが…何だかポジティブな雰囲気を醸成して美辞麗句を連ねて誤魔化すように人権を蹂躙する見え透いた手練手管にはもう心底げんなりして来るが…時局はもう、こんな事も云っていられないほど悪化しているのだろうともひしひしと自覚する…欧州以外のアジアやアフリカなどでは元元身についていないのだろうが同じく日本も人権だとか主権在民だとかは身についていないのである…こうした而立した人間の意志に依存した啓蒙思想を奉じた欧米が其れをかなぐり捨てる状況とあっては…今はまだ自民総裁が口先で人権や法の支配などの共通の価値観云々と対外的には表明していても其の内そうした文言は影をひそめて、国内的にはおおっぴらに人権と主権在民を無かった事に仕立て上げるだろう…トランプがCIAに拷問を許可したとあってはとことん歯止めが効かず…ファシストは理性の価値を暴落させるので何を云ってももう無駄で(そうは云っても抵抗し続けなければならないのだが…アメリカのデモで、「RESIST」と書かれた旗をしっかりと見た…)…最早…元元根強い此の国の自白偏重と拷問に近いような暴力的脅迫的取り調べの流れに拍車をかけてかつての特高を大っぴらに承認するような、拷問による自白で冤罪が罷り通り何の罪も無い人間が片っ端から官憲の手に落ちる密告社会のような、手の付けられない絶望的な状況にも傾くだろう。

氷雨がしょぼ降る裏寒い、体に悪そうな日曜日の午後…日本刀の研ぎ師が実演すると云うので後学のために行ってみると…こんな日に人が来るはずないとたかをくくっていたのが大間違いで…狭い会場に押すな押すなの大盛況の人だかりでみんな狂ってるのか、他人の事は云えないにしても…自分の場合は些かなりとも実用上の興味があるからいいものを、まさか同業者がこんなにいるはずもなかろうに何故一般の人がこんなに大挙して押し寄せるのか意味不明なまま、定刻10分前には後ろの人は絶対に実演を見られない程の人だかりの中から、こんなに人が集まったんだからいい加減始めろよ、解説が聴こえないぞ、的な口汚い怒号や野次が飛び交い係員が制止に飛び回る暴動寸前の状況…直接見えない人のためにテレビモニターも設置されていたがこういうものは肉眼でないとよく分からないのが常なので、しばらく我慢して角度の悪いテレビモニターで実演と実況、解説を教授されたが頑張って人ごみをかいくぐって林立する人々の首筋の隙間から絶妙に肉眼視できるポジションをゲットしてひとしきり観察する…なるほどなるほど、こんなもんか、角度をきっちり決めて面を出すと云うよりもいろんな角度から研いで凹凸を消す感じなのか…ずいぶん荒っぽいな…やっぱり天然石を使っているようだが天然石を水に漬けっぱなしにしているのは初めて見たな(能面の彫師を訪ねた時は、人造砥石を水槽に漬けっぱなしにしていたが)…などとといくつかの知見を得る。細君が人いきれで気分が悪くなったので30分くらいで退散する事になったが、だいたい分かった気がした。

最近出来るようになって得意な気持ちなのは、旅行携帯用のプラスティック製の将棋の駒を何とはなしにいじっていると…棋士のように、クワガタのように人差し指と中指で駒を挟んで持ち上げ、パチリと打てるようになった事…。プロ棋士と云うのは今で云うプロゲーマーなんだな、と気付く…自分の目下の関心とテーマは俳句と数学…。リー群論を何とか理解したいものだが線形代数や行列式からやり直さないといけないから若干億劫でもあるが、当面向き合おうと思う…戸嶋と云う画家さんはいい絵を画くなあ…あんな絵が欲しい…ベラスケスにフランシス・ベーコンが憑依したような…時間が崩れながらも剥き出しにしてくる絵…

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

忍者ツールズプロフィールは終了しました

HN:
仄々斎不吉
性別:
非公開
自己紹介:
 数寄の天下を獲らんがため号するは、仄々斎不吉。

 三千家(裏千家・表千家・武者小路千家)及び諸家茶道流派に例外無き教条点前に豪を煮やす一方、近代数寄者(益田鈍翁、高橋掃庵等)以上に見立ての幅が広がった現代茶会に更なる侘びの新風を吹き込むべく研鑽を積む。

 利休の、無産有産といった階級をも併せ飲む侘びの骨頂に根ざしながら、そうはいってもありがちなブルジョア金満足だけは厳に慎みたい労農茶人。

 草木に臥してなお風雅を愛でる仲間であるために、茶の湯だけでなく、路上観察、テレビ跋渉、音楽及び納豆評論、 30人31脚批判もこなす趣味人にして愛陶家。 猫舌。


★コメントの投稿の仕方★

 ブログ本文の右下の「コメント」をクリックするとコメント入力画面になります。コメント欄に文章を打ち込んで送信ボタンをクリックしてください。

 お名前やメールアドレスなどの入力は必須ではありませんのでお気軽にどうぞ。  → → → 

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロック史最新記事

(11/19)

ブログ内検索

最新コメント

[07/04 Michaelbes]
[06/25 RichardCal]
[11/24 シーザー]

最新トラックバック

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 仄々斎不吉 --  All Rights Reserved

Design by 好評ゼロ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]